ホームページへ 映写室へ 制作室へ エトセトラへ メールフォームへ
よしあんのFLASH動画劇場 制作室
FLASH制作者よしあんの日誌。制作の進行状況ほか、いろいろ書いていこうと思ってます。
ナビゲーションバー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「しぃのうた」の歌える日本語訳に挑戦してみました
「しぃのうた」というフラッシュは某所からの警告によって、抹殺されてしまった名作です。
その跡地は こちら
しかし、ウェブの世界には、その残照があちらこちらで光って見えたりします。私もリアルタイムで知ったわけではないので、いろいろ探しまわりました。検索エンジンを駆使してみましょう。(今の方が楽に見つかったりして・・。)
このフラッシュで使われているのが、「Wind's Nocturne」です。調べてみると日本のRPGゲームの海外移植版の挿入歌だったようです。日本版は「風のノクターン」歌詞も日本語です。でも、英語版と日本語版の歌詞の内容は全く違っています。日本語版はまだ恋を知らぬ揺れる乙女心などが描写されていて、風がテーマとして出てきます。英語版は流れ星に願いを託す歌詞になっていて、Windなんて単語は一つも出てきません.私はどちらかと言うと英語版の歌詞のほうが好きです。
だから日本語版があるにもかかわらず訳に挑戦しました。完全な対訳にはなってませんし、ところどころで、私の感じたように変えてます。元の英語の歌詞はフラッシュの字幕、あるいはグーグルで検索して探してみて下さいね。

WindsNocturne


風のノクターン

叶わぬ夢を見ながら、
今日は叶うと信じて、
星空の夜
夢見るおばかさんたちは、空を見あげるの。
流れ星を待って。

でも、
もし、流れ星が来なかったら、
みんなの夢も消えてしまうの?
闇が地平を覆う時。
そんな時こそ、希望はあるって信じなきゃ。
天使が見守ってくれてるかもって。
まだ見えないけど、導きの光が照らしてくれるかもって。

私が、しっかりしないと進めないことはわかってる。
でも、心が空っぽでどうしようもないの。
この空虚感を埋めてくれるものは何?
それも分からずに我慢するの?

だから、わたしは見てみたいの。
他の何よりもね、(狂おしいほどに)
私の流れ星を・・・。


こんな感じですね。「夢見て星に願ってるだけじゃ望みは叶わない。そんなことはわかってるんだ。でも、辛くてどうしようもない。そんな時は願いを叶えてくれる流れ星が来ると信じて、空を見上げてもいいんだ。その偶然の出会いをきっかけに私は進めるのだから。」

せっかくなので、曲にあわせて歌えるものも作ってみました。


風のノクターン


見果てぬ夢を見て
いつか叶(かな)うと
夢見人たち
夜空見上げて
流れ星待つ。

もし、願い星見えず、
夢も霞(かす)んで、
闇(やみ)に閉ざされても
望み忘れないで

天使が舞い降りて来て、
輝きにみちびくから
おとぎ話よ、知ってるの
風のように儚(はかな)いと。

私を支える何か
今はまだ見えないから、

だから、信じたいのよ
流れ星 <この空に>
降る夜を


どうですか?曲にあわせて歌ってみて下さいね。
気に入っていただければなによりです。それでは・・

スポンサーサイト
灯台守の夜
『灯台守の夜』は、マスヲさんが作られたFLASHアニメーション作品ですが、サイトが閉鎖されており、現在は公開されていません。非常に残念です。見る事の出来ない作品の紹介文を書くのも何ですが、このような素晴らしい作品があるということが少しでもみなさんに伝われば幸いです。
みなさんは灯台守というものが、どのような職業かご存じでしょうか。「なんか、灯台の番人なんじゃないの。」といわれるあなた。正解です。広辞苑にもそう書いてあります。でも、灯台の番人といってどのようなことをするのか、正直な所、全く分かりません。分からないなら調べる?いや、ここではちょっと自分なりの灯台守を想像してみることにしましょう。これからご紹介する「灯台守の夜」に出て来る灯台守のイメージなんてすてきですよ。
どうも、灯台守というのは二交代制で、一人が仕事をしている間もう一方は釣りなどして夜を過ごしているようです。灯台の明かりに釣られて魚がよってくるのでしょうね。さて、灯台守の仕事ですが、どうやら灯台を動かすことのようです。高い灯台の上にある全方向が見える部屋の中央に据付けられたペダルの付いたルームバイクのような装置をこぐことで灯台が動き出します。人力駆動のなかなかエコロジーな灯台です。一晩中二人でこぐわけですから結構ハードな仕事です。さて、ここでお話の内容をご紹介いたしましょう。ここからネタばれです。(読みたくないというかたはこちら

20050216004650.png
この灯台に小舟が上陸することで話が始まります。舟に乗っているのは、老婆と宙に浮かんだ寝床に横たわるその夫と、妖怪ぬりかべのような船頭そして、舟底に開いた穴に詰められた犬。老婆は舟底に開いた穴のため、ままならないので一晩灯台に泊めてくれと釣りをするために出ていた灯台守に頼みます。一行は灯台守に率いられ灯台の中へ。舟底であきらめの言葉をつぶやく犬を残して・・・。灯台の一室を借りると老婆は、灯台守に促され、旅の目的を話しはじめます。「何でも一つだけ願いを叶えてくれる神様に会うために旅をしている」と。ところが、その願いというのが「50年間目覚めない夫が目を覚ました時、老け込んだ自分を見せたくないから、自分が若返る」という、エゴイスティックなものなのです。螺旋階段の窓から外を眺める灯台守に窓の外に現れた幽霊が呼びかけます。「キモイばあさんだな。」しかし、その幽霊の願い事はというと、これまた自らのよみがえりを願うでもなく「全ての人間が自分よりも不幸になれ」という悪意に満ちた願いです。何でも願いを叶えてくれる素敵な神様がいるというのに、なぜもっと有意義な願い事が出来ないのでしょうか。ここで「きみは、きみが思っているよりも不幸じゃない」という灯台守の台詞に作者のやさしさを感じ、ホッとします。
時は前後しますが、灯台の下。犬が詰め物となっている舟と、灯台守が仕掛けていった釣り竿。不意に釣り竿がしなり、魚を釣り上げます。陸に上がった魚はえらをパタパタさせながら、父も祖父も同様に釣りあげられていった歴史がここにまた繰り返されたことを思い悲嘆に暮れます。すると、その泣き声に気付いた犬が話しかけます。そこで、魚は犬に自分を助けてくれるように頼みます。助けてくれたら犬を魚にしてくれるように海の神様に頼んであげるからと。犬は魚なんて生臭い生き物は嫌だといいます。ここで、魚が、この犬に対して言う台詞が、私にはジーンときました。そして、感動のラストシーンへ。何の変哲もない島と静かな海、そびえ立つ灯台、そして、そこから出てきた灯台守。そこには何も無いのですが、それがまさにすべてを物語っている。このラストのために全てのシーンがあったといっても過言ではないでしょう。



作品全体にただよう静かな雰囲気と、シンプルで愛嬌あるキャラクター。そして、滑らかなアニメーション。心を揺さぶるストーリー。TAM music factoryさんの音楽がまた素晴らしい。
作者のマスヲさんは現在、ジャンプデジタルマンガで『ツヨキチマン』を連載されていて、全5話。こちらも、趣向は異なりますがマスヲさんの世界を体験できます。ストーリーの分岐など、FLASHならではのインタラクティブな仕掛けも施された意欲作です。

タイトル 灯台守の夜
作者 マスヲ
音楽 「優しい雨」 (TAM music factory)
ファイルサイズ 2MB
時間 4min
発表 2003年
Good spirit song
”We are the world”的な感動があります。
アニメーションがスムーズで美しいです。

20050122190121.png空から落ちてきた一片の木の葉を、荒れ果てた大地で精霊Harmoniaが受け止め、歌声に乗せて解き放ちます。すると、干涸びた地面には草花が茂り、枯木には新たな緑が芽吹きます。なおも舞い進む木の葉は、黒人の子供に受け止められると、その姿を輝く球体に変え、子供の手から飛び立っていきます。美しい音楽と歌声に乗せて展開するファンタジーアニメーションは、見ていて気持ちいいです。海から飛び立った一匹のコウノトリが雲を抜けると大群となり、空をかけていく様は、ぐっと来るものがあります。
20050122190135.png
惜しいのは、歌われている歌詞が、内容どころかどの言語かも分からないってことです。それはそれで、未知の呪文を聞いているみたいで、逆に心地よかったりしますが。少しがんばって、分からないながらも聞き取ってみますと、「ベツレヘム」とか、「イェホバ」とか、聖書に出てきそうな単語が聞き取れます。(単なる空耳かもしれませんが。)「ベツレヘム」はキリスト、イエスが生まれた土地の名前。「イェホバ」は旧約聖書に出て来る神の名前です。実は、宗教的なメッセージが含まれているのかもしれませんね。
20050122190151.png
宗教といえば作中でコウノトリの大群が舞っているのはシナイ半島の上空。聖書の舞台となった地で、キリスト教の聖地でもありイスラムの聖地でもありユダヤ教の聖地でもあるエルサレムがあります。
紛争の種がここから生じてくるのですから、宗教というのも困りものです。もちろん弱い人間の心の支えともなるのですから一概に「宗教=悪」(この乱暴な等式もある意味宗教的ですが。)とはいえませんが、政治や権力が絡んで来るとただの人心掌握の道具となるのですから厄介です。でも、この作品にはそのような政治的な意図は感じられません。素直に楽しめば良いのだと思います。「イルカの大群は軍艦の、コウノトリが爆撃機の、一つ目入道が軍隊のメタファーだ。」などと勘ぐるのは、神経症的な学者にでもまかせましょう。

このアニメーションは、Mohoというソフトウェアで作られているのですが、そのお話はまた後日ということで。

Omer Makover 'Good Spirit Song'を見るには。
MAKOVER ANIMATION STUDIOのMovieから、サムネイルをクリックしてみて下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。